ミャンマー Dawaiの旅

今年の5月(ちょうどGWの時期に)大学の同級生の結婚式に出席するために
ヤンゴンへ行ってきました。
結婚式のあと一緒に行った友達と今までミャンマーで旅したことのないところへ
行ってみよう!ということになり。

ミャンマーの南部Dawaiに行ってきました。

石油関連で注目されている街だけれど、地球の歩き方にもインターネットにもあまり
旅行情報が載ってなくて。

いくつかの旅ブログや英語の記事などを参考にして、行ってみたい所をピックアップ。
でもほとんどノープランでとりあえず行ってみました!

ヤンゴンからは飛行機で1時間半。あっという間にDawai空港へ。
Baganの空港のように本当に何もない、のどかーな空港です。

さて、あらかじめ予約していたホテルPearl Akari Hotel(旅行会社で唯一予約できたホテル)
まで場所も検討つかないし、どうしよう。
とりあえずタクシー情報でも集めてこようかと、預けた荷物を待っている間に外に出たものの
誰に聞こうかなとうろうろしていると、ちょうど同じ飛行機に乗っていた地元のおばさんらしき
人が!

この人なら詳しそう!という感じだったので、アカリホテルについて聞いてみると。。。

な、なんとこのおばさまホテルのオーナーでした!
なんて偶然!

←最初はよく分からなかったんだけど、話を聞いているうちになぜか私たちの名前まで
知っていて、ようやくホテルのオーナーだと気づいたのです。

そして、自家用車でホテルまで送ってくれるとのこと。すごいラッキー!

Pearl Akari Hotelはこじんまりとしたタイプのホテル。本館と別館?に分かれていたけど
泊まったのはコテージタイプのお部屋。
少し建物は古いけれど、きちんとお手入れされていて、白いこじんまりした建物が可愛くて、清潔。
電気もほとんど止まることがなかったし、安心して過ごせました。

しかも、ほとんどDawaiについて調べて行かなかったけれど、こんな所に行ってみたいなという
リクエストをもとに、オーナーのおばちゃんが旅行ルートを教えてくれたり、車の手配を本当に適切に!してくれたり。。。

Dawaiからの帰りも色々お世話になって。
おばちゃんのおかげで本当に素敵な旅ができました!

なんだかホテルの宣伝みたいだけど(笑)Akariホテルの隣には美容院もあって2000チャットでヘッドマッサージ付きのシャンプーができちゃいます。
暑い中観光して汗だくの頭もすーっきり!

これからDawaiに行ってみようかなという方にPearl Akari Hotelおすすめです☆

ビジネス面でも注目されてきているDawai。同じ通りにはミャンマーの新聞にも載っていた新しいビジネス向けのホテルもできていました。

お部屋も見せてもらったけれど、本当に新しくてきれいで、お値段も安くて。ネット環境なんかも整っているようだったし、既に日本人のロングステイ客もいるとのこと。

なんと、アカリホテルも隣に同じようなホテルを建設中なんだとか。
今はまだ田舎ののーんびり何もなーい街だけど、海外からの投資が始まって、ビジネス関連のお客さんも増えて、近い将来近代的な建物の沢山ある大きな街になっていくのかな。。。

長くなってしまったので、また次回につづきまーす
Dawaiホテル編でしたー

f0248074_284116.jpg



Dawaiの小さな道。
[PR]

by zinmaoo | 2013-09-24 02:08 | Myanmar

ひさしぶりにビルマ語

大学でビルマ語を勉強して、ミャンマーに1年インターンに行ったことがあります。
そのときのお友達がタイに来ました。

。。。

といっても遊びに来たのではなくて、ご両親の治療の為。
ミャンマーでは治せない、難しい処置などになるとバンコクの病院にミャンマーから
来るケースが多々あるよう。

タイの私立病院、バンコク病院、サミティベート病院、バムルンラード病院などなど。

今回はバムルンラード病院。
アラブ系の患者さんも多いけど、ビルマ人も沢山いました。
病院内、近くの通りでロンジーやパソー(ミャンマーの民族衣装)を来ている人も結構いて
ビルマ語専門の通訳さんも病院に何人もいるみたい。

ホテルのように豪華だよーなんて聞いていたことはあるけど、本当にその通り。
病室も個室で、キッチンやきれいなソファーも付いていて、ご飯も毎度日本食、洋食、
オリエンタルメニュー(タイ)から選べて、美味しい。
10時と3時にはお茶と果物も出るし。。。本当に病院でないみたい!
費用はもちろん高いけれど、医療機器も最新のものが揃っているみたいだし、
安心できそうです。


バムルンラードにびっくりした話はさておき。。。

友人とはなんと6年ぶりの再会!今回お見舞いとお手伝いをしにいって
最近使ってなかったビルマ語を久しぶりに話したのだけど。。。

もう少し勉強したくなりました(汗)

色々話している中で、発音が似ていて、聞き分けの難しい単語があって
”ピョー”カタカナでかくとただの”ピョー”でも、ビルマ語の子音や声調で
意味が全然違うんです。

コーヒーを淹れる(ピョー)とゆでる(ピョー)を間違えたり
話す(ピョー)と楽しい(ピョー)とか。

学校で勉強しているときはまじめに考えなかったのに(笑)なんだかものすごく
ピョーが気になってしまって!

友達に教えてもらいながら復習!


f0248074_103419.png



メモにいくつか書いてみました。
むむむ。。。難しい。。。。ピョーの使い分け。。。

ちょっとマニアックな内容になってしまいましたが、少し時間を作って
もう一度勉強しよう!と決意した思いをわすれないように(笑)
[PR]

by zinmaoo | 2013-09-22 10:06 | Myanmar