猫カフェでまったり

BTSラチャテウィー駅すぐそばの猫カフェ Caturday Cafe へ行ってきました。


f0248074_2173933.jpg



ラチャテウィー駅2番出口から向かって右側の階段を下りて、後ろを振り返るとGut restaurant の看板があるので、そこを右に入って進むと左手にあるお店。
日曜の午後だったからか少し混み合ってたけど、ほとんど待たずに入れました。

靴をぬいで、手を洗ってから入店。
店員さんが注意事項を教えてくれます。猫さんには触ってもいいけど、抱き上げるのはNG などなど。

f0248074_2213411.jpg


f0248074_2223217.jpg



ロゴの猫さんが可愛い!オリジナルのコースターも売っていて、こんど行ったら買ってしまおうか!

f0248074_2242771.jpg


f0248074_2255721.jpg


スイーツのデコレーションもグラスも猫さん!
ちなみにスイーツの他にもパスタやラザニアなどお食事系メニューもありました。
お食事系はご飯の後だったのでたべてないけど、チョコレートケーキは美味しかった。


f0248074_2293425.jpg


f0248074_230683.jpg


f0248074_2315969.jpg


f0248074_2322490.jpg



席が猫さんの通り道じゃなかったのかあんまり近くを通らなかくてふれあいはあんまりなかったけど、寝てる姿を見てるだけでも幸せ。
窓辺の席には結構猫さんが集まってきていたな。

実家には猫が苦手なワンコがいるので、ダメだったけれどいつか猫のいる生活してみたいな。
[PR]

by zinmaoo | 2014-10-20 02:37 | Bangkok Life

ヨルガオのつぼみ オイスターソース炒め

市場でดอกชมจันทร์(ドークチョムチャン)、ヨルガオのつぼみが売っていたので買って来て、オイスターソース炒めに。
何度かレストランで食べたことはあるものの、このつぼみが何の花のつぼみなのか実はちゃんと調べたことがなかったので、ネットで検索するとMoon Flower=ヨルガオのことらしい!
といっても、アサガオはなじみはあるけれどヨルガオってあんまり見たこと無いかも。
白い花の咲く、ヒルガオ科の植物だそう。

ヨルガオのつぼみ。一袋100バーツ。ボールいっぱいになるくらいのかさ

f0248074_050649.jpg



ヨルガオのオイスター炒め(ดอกชมจันทร์ ผัดนำ้มันหอย)をつくりまーす。
大雑把だけど、作り方と材料です。

1)下ごしらえ:くきの下部分を取ります。その時、柱頭も一緒に取ります。
こんな感じに。

f0248074_115438.jpg


2)他の材料を用意。
にんにく(適量)と、赤唐辛子(辛いのが苦手な方は入れなくてもOK)を小さく刻みます。
カリカリ豚(100グラム)
*今日は冷蔵庫にカリカリ豚があったので一緒に炒めました。つぼみだけでも美味しいし、エビを一緒に炒めても美味しいです。
3)ソースをつくります:お砂糖ティースプーン1杯、オイスターソース スプーン3杯、シーイウカオ(醤油でも)スプーン1杯、お水 スプーン3杯、鶏ガラスープの素 少々

f0248074_192256.jpg


4)ソースと豚をつぼみの入ったボールに全部かけておきます。

f0248074_1203075.jpg


5)熱したフライパンに油をしいて、4)のボールの材料を一気に投入。さささっと炒め、火が通ったら盛りつけます。


f0248074_1115594.jpg



少し炒めすぎた感はあるけど、なんとか完成!
最近はまっているタイ玄米と一緒にいただきまーす。

ヨルガオのつぼみは食感は柔らかくて、苦みもなく食べやすいあっさりした味。
オイスターソースと相性バッチリ。

それにしても盛りつけと写真がイマイチでした 笑
お料理写真の上手な撮り方、修行します。
[PR]

by zinmaoo | 2014-10-14 01:16 | Thai food cooking

トルコ旅行5日目 つづき

気球の後は、カッパドキアのグリーンツアーを予約していました。
カッパドキアにはいくつかツアーがあり、レッドツアー、グリーンツアーの2つがメインのようです。
レッドツアーに入っている屋外博物館はもう1日目に自分たちで行ってしまったので、遠くの街など自分たちでいくのが難しそうなグリーンツアーにしてみました。

このツアーを開催している会社も色々あるようなのですが、ここでもホテルにおすすめしてもらった会社にお願いしました。
(名前忘れてしまいました!)
気球ツアーから戻って来てからでも大丈夫とのことだったのですが、この日は霧で出発が少し遅れたせいか戻ったときはお迎えに10分ほど遅れてしまいました。
参加できないかなと思ったのですが、他にも気球に参加していた人がいたようですぐ出れば間に合うとのこと。ホテルの方が車でツアー会社まで送ってくれました。

ここでも御会計をオフィスで済ませてバスに乗り込みます。英語のツアーガイドさん、そして参加者はアフリカやロシア、韓国、などとても多国籍でした。日本人の一人旅の方もいてお話できて楽しかったです。

ツアーのはじめはギョレメを一望できるポイントだったのですがここは霧のため断念。
夕方間に合えばもう一度トライしてみようとのことで、一路地下都市遺跡に向かいます。
朝早かったのでここで着くまでぐっすり寝てしまいました。

ガイドさん曰く、このツアーは地下都市の上り下りの階段や、ウフララ渓谷の3キロのトレッキングなどたくさん歩くよ!と。

デュユリンク地下都市


f0248074_3564825.jpg



f0248074_435864.jpg


狭い階段の上り下り、ガイドさん全く疲れをみせず歩くのが早い!
もっと日頃から運動しないとだめだな、私。
それにしても、こんな地下に大きな都市を作って住んでいたなんて。。。すごいな。

地下都市を出た後は、お昼ごはーんタイム!!!
朝から忙しかったのでお腹ぺこぺこでした。
レストランで、お肉、お魚から選んだメインと、サラダ、スープ。飲み物だけ自己負担でした。
ロシアから来た親子と一緒のテーブルになりお話しながらランチを取りました。

ランチのあとはウフララ渓谷です。お昼ご飯しっかり食べたので元気いっぱい!

f0248074_4125369.jpg



f0248074_4134386.jpg


渓谷を下るとまずフレスコ画。

f0248074_4203143.jpg


うまく撮れませんでした。。。
そして歩きます!

f0248074_415232.jpg


少し雪が残っていました。タイに住んでいると寒い冬も雪もなかなか出会えないのでもう私は楽しくて、楽しくて。

ここでもガイドさん、足が早い!でもはじめに、自分は少し早く歩くけど先で説明ポイントで待ってるから景色を楽しみながら来てねと前置きがあったので、ちょっと遅れながらも写真を撮ったりゆったり歩きました。
所々、ガイドさんが待っていて説明してくれました。

f0248074_4223920.jpg



f0248074_4255866.jpg


コーヒーブレイクもはさみつつ、途中川のせせらぎにいやされたり、壁の穴をどうやって開けたのかななんて思いをめぐらせたり、3キロはあっという間でした。

ここを出た後はセリメ洞窟修道院。

f0248074_4295375.jpg



f0248074_4343755.jpg


この景色でスターウォーズを連想しますが、ガイドさん曰く、他のガイドさんは時々旅行者を楽しませようとここでスターウォーズの撮影があったという人がいるけれど、結局撮影許可が下りずここでは撮影は全くしていないんだよとのこと。
言われてみればスターウォーズに出てきそうな雰囲気!

このあとは最後にお土産屋さん。石のアクセサリーのお店によって戻ります。
冬のトルコは日の入りが早く、ここに着いて出る頃は外は真っ暗でした!

f0248074_4391252.jpg


きれいなお姉さんが石を削るプロセスを説明してくれます。
クイズにあたった人がこの石をプレゼントされていました。
お土産は買わなかったけれど、色々見ていて面白かったです。

ホテルまで送ってもらい、ツアーは終わりです。
沢山あるいて楽しいツアーでした!


f0248074_4423954.jpg



f0248074_4445672.jpg


ニューイヤーディナー!
この日は街で別のお店に行ってみようと話していたけど、戻ったらもう疲れて前日と同じ
隣のホテルのレストランで食事。
ラムが柔らかくて美味しかったし、なすのサラダが最高でした!
トルコの料理何を食べても美味しいです!
[PR]

by zinmaoo | 2014-10-05 04:47 | Turkey

トルコ旅行5日目

1月1日。元旦の朝、カッパドキアで楽しみにしていた気球に乗ってきました。
実は高所が苦手なので、すこし緊張していたんですが、結果乗って本当によかった!
素晴らしいひとときでした。

カッパドキアにはたくさんの気球ツアーがあります。その中でホテルのおすすめと、インターネット
の評判がよかったButterfly Balloonにしました。
ホテルを予約したときにメールで問い合わせをしたらいくつかの会社について丁寧に説明した返信を頂いて、その中でも一番安心できるとおすすめしてくれたのがこの会社でした。

朝、早朝にまずはオフィスに集まって登録と支払い。それが済んだあとは朝食を頂きます。
飲み物、パン類、果物、豊富な朝ご飯で美味しかったです。

でもご飯を食べたあと、少し窓のそとがうっすら明るくなって来てどうも霧が出ているようです。
点呼もかからないし、この霧だともしやキャンセルかな?なんてみんなが話始めた頃、
”霧がでているけれど、飛行は霧のない安全にできるポイントがあるので大丈夫。でもHPに載っているような景色は保証できない(カッパドキアが一望できる景色や、奇石に近いている写真)。きれいな景色はもちろん楽しめるけれど、もしご期待に沿えなかったらいけないのでキャンセルをしたい方は受け付けます”とのアナウンス。

もう一日チャンスはあるけれど、次の日も予約は埋まっているよう。
せっかくなので乗って行こうということになり、私たちはそのままツアーに参加しました。
アナウンスのあとキャンセルして帰る人たちも結構いたので、気球の数が1台減りグループを組み直しました。

そしてグループごとに車に乗って気球のポイントまで移動しました。


f0248074_34488.jpg


気球がだんだん膨らんで行きます。ドキドキ!
1機に4カ所乗り場が分かれていて、乗り込みます。タイミングが悪く、彼と乗り場が離れてしまいましたが、台湾の女の子たちと一緒になり、一緒に写真に入るよう撮影してくれたり、おしゃべりしたり楽しかったです。

着陸態勢を少し練習したあと、いよいよ出発!
離陸したあとは高いところまであがって行きます。この日は霧がでて下の方は見通しがよくないからと
いつもよりたかく上ってくれたようです。

私は、高所が苦手なのでもうドキドキ。少し震えました(笑)が上空につくと景色が素晴らしくて
高さにも慣れたのか怖さは忘れていました。でもとても寒かったです!

f0248074_383662.jpg



f0248074_3141517.jpg


うっすら雲のなかに虹もみえました!

f0248074_317445.jpg



f0248074_3191945.jpg



f0248074_3192613.jpg



f0248074_3213628.jpg



f0248074_3281379.jpg


霧の多い日でしたがそれでもとても素晴らしい景色を楽しむことができました。
晴れた日はどんな景色が見れるんでしょうか。

着陸も衝撃を全く感じず、素晴らしかったです。

f0248074_3223937.jpg


着陸のあとはシャンパン!そしてホットワイン!を頂きました。
ちょうど一緒のグループにお誕生日のカップルがいて、バースデーキも頂きました。
帰りに名前入りのフライト証明も頂いて、ホテルまで送ってもらいました。

元旦の朝、素晴らしい景色を堪能できて本当によかったです!!
2014年、記事を書いているのはもう後半も折り返し地点の10月。残り3ヶ月、この日
願ったような素敵な一年の締めくくりができるように前向きに過ごして行きたいです。
[PR]

by zinmaoo | 2014-10-05 03:36 | Turkey